OB訪問の服装はどうするべき?OB訪問は早期内定獲得の第一歩?

OB訪問の服装とは

就活をより効率的に進めるために、OB訪問に行く大学生が非常に多いです。

確かに、OB訪問というのは、企業によっては必須となっていることもあり、OB訪問から選考が始まっていると言っても過言ではありません。

しかし、多くの大学生が、OB訪問時に悩んでしまうことが1つあります。

それは、

「服装」

です。

そこで、この記事では、OB訪問時の理想的な服装について詳しく解説していきます。

OB訪問の基本はスーツ?

OB訪問時の基本的な服装は、リクルートスーツです。

仮に、服装の指定がなかった場合やどうしても迷ってしまった場合には、リクルートスーツを着ていくことをおすすめします。

リクルートスーツであれば、就活生としての清潔感ややる気などをアピールできる場合もあるため、OBや関係者から見てもそこまで不自然には感じないはずです。

その場合には、ネクタイやYシャツのしわなど、細かい部分にも気を配っておくことが大事になってきます。

OB訪問の服装について指示があった場合はどうする?

企業によっては、OB訪問時の服装について指示がある場合があります。

では、それぞれに適した服装を詳しく見ていきましょう。

魔の「服装自由」

就活生にとって、

「服装は自由です」

と言われるのが一番困ると思います。

「スーツで来いってこと?」

「私服でも選考やイメージに影響はないの?」

など、様々な疑問を抱くでしょう。

 

服装自由という指示があった場合には、基本的に、

・スーツで行くか
・私服で行くか

の二択になると思います。

ただ、どちらがいいのかというのは、各企業の考え方や価値観によって変わってきます。

例えば、「服装自由」と言われてスーツを着ていった場合、

「常識がある人なんだな」

と思ってもらえる場合もあれば、

「無難な恰好をしてきて、チャレンジ精神がないな」

と思われてしまう場合もあるのです。

 

そのため、仮に服装自由という指示を受けた場合には、過去の先輩たちがどのような服装をしていったのかを詳しく聞いてみることをおすすめします。

もし身近に知り合いの先輩がいないのであれば、インターネットで検索してみるのも効果的でしょう。

「私服で来てください」

続いては、

「私服で来てください」

と言われた場合です。

この場合は基本的に私服で訪問するようにしましょう。

裏をかいてスーツでOB訪問をしてしまうと、

「指示を聞いていなかったのかな?」

とマイナス評価をされてしまったり、周りの人と比べて浮いてしまう可能性もあります。

私服でOB訪問に行く場合には、遊びに出かけるような恰好は避け、オフィスカジュアルを意識するようにしましょう。

男性の場合であれば、チノパンにジャケットなど、女性の場合はパンツにジャケットなどの服装を選ぶと、TPOに適した格好でOB訪問に挑むことができるでしょう。

なぜ企業は服装をスーツに指定しないの?

では、なぜ企業というのは、OB訪問時の服装をリクルートスーツで統一しないのでしょうか。

その意図を探っていきましょう。

就活生の考えを知りたい

あえてスーツを指定しないことによって、就活生を試している場合もあります。

つまり、

「服装は自由」

と記載したら、どのような価値観を持って、どのような服装でくるのだろうかというのを一人一人判断したいのです。

服装にはそれぞれ個性が出ますから、その企業に合っている人材なのかどうかということを判断する良い材料になります。

 

また、その際の判断力を試していることもあるため、

・大手ならスーツが無難
・ベンチャーなら私服でも可

ということを基本として考えることをおすすめします。

ただ、企業の特性や理念によって臨機応変に対応する必要があるため、ネットなどの口コミを確認してみることも大事になってきます。

就活生のファッションセンスを見たい

特にアパレル系企業であれば、一人一人のファッションを見たいと思っている場合もあります。

アパレル系企業のOB訪問では、

「私服で来てください」

と言われるケースが多いです。

そのため、OB訪問先の企業がどのような雰囲気なのかをしっかりと調べ、それに適した服装をしていくことをおすすめします。

 

ただ、企業は何も奇抜なファッション性を好むとは限りません。

OB訪問は基本的に、就活の一環ですので、派手すぎる服装には注意が必要です。

就活生の緊張をほぐすため

リクルートスーツを着ると、より心が引き締まります。

しかし、逆に緊張をしてしまうことにも繋がり、企業もその人の素の部分を見ることができませんし、就活生も本来の自分をアピールできなくなってしまう可能性があるのです。

そのような事を避けるために、企業が配慮してくれている場合もあります。

OB訪問時には小物にも配慮を

OB訪問時には、服装だけでなく、カバンなどの小物にも気を配るようにしましょう。

服装と小物が合っていないと、それだけでだらしない印象や違和感などを与えてしまう可能性があります。

また基本的に、ネックレスやピアスなどのアクセサリー外していくことが無難です。

アパレル系の企業であれば、最低限のアクセサリーであれば気にされないかもしれませんが、基本的には清潔感に欠けてしまうため、何も身に着けず、髪色やネイルなどにも気を付けることが大事になってきます。

OB訪問は時と場合によって臨機応変に

OB砲門というのは、時と場合によって臨機応変に対応することが大事です。

服装の指示についてももちろんなのですが、

・誰に会うのか
・いつ会うのか
・季節ないつか

などのことも考えながら、服装を選んでいく必要があるでしょう。

では、次の段落からは、OB訪問時によくあるパターン別に、適した服装を紹介していきます。

ゼミの先輩などに合う場合

以前大学でお世話になっていた先輩などにOB訪問をする場合には、リクルートスーツにこだわる必要はありません。

ただし、私服で行くのであれば最低限の礼儀として、オフィスカジュアルを着ていくことが大事になってきます。

間違っても、サンダルや短パンなど、カジュアル過ぎる服装で訪問するのは避けましょう。

休みの日に訪問する場合

企業によっては、営業時間中などにOB訪問の時間を取ってくれることもあるのですが、場合によっては、休日にわざわざ時間を作ってくれることもあります。

そのような場合には、基本的にリクルートスーツで行くことをおすすめします。

これは、わざわざ時間を作ってくれた相手に対しての感謝の気持ちを表すのにも最適ですし、就活に対してのやる気を見せるためにも最適です。

「OBにやる気をアピールしても採用にはあまり関係がないでしょ?」

と思う人もいると思いますが、相手も人間です。

誠意を見せることができれば、相手もたくさんの質問に喜んで答えてくれるでしょう。

洋服を扱う企業に訪問する場合

アパレル系など、洋服を扱っている企業にOB訪問する際には、私服で来てくださいという指示がある場合が多いです。

ただ、その際にはその企業が扱っている洋服を最低でも1点は取り入れるようにしましょう。

そうすることで、相手からその服について話を振ってくれることがあり、会話がより弾みやすいです。

ただし、その企業が扱っている洋服がかなり高いブランドだった場合には、無理をする必要はありません。

無理をしてそのような服を着ていってしまうと、逆にブランドのターゲットや雰囲気を理解していないのかなと思われてしまう可能性もあります。

汗をかきそうならハンカチも

夏場にOB訪問をする際には、ハンカチを持参しましょう。

汗をかくことは悪いことではありませんが、それを拭かずにそのままにしておくことは非常に清潔感に欠けます。

他にも、リクルートスーツで行く場合には、ネクタイとジャケットをしっかり着ていくことをおすすめします。

クールビズを意識したいのはわかりますが、それぞれの考えがありますので、勝手な判断でノータイ、ノージャケットにしてしまうと、相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。

就活で迷っているならミーツカンパニーがおすすめ?

大学生2.3年生になると、本格的に就活を意識し始める人が多くなります。

周りはどんどん就活をしているのに、自分はまだ何もしていない、そんな状態になってしまうと不安ですよね。

そのような場合には、是非ミーツカンパニーに参加してみることがおすすめです。

では、ミーツカンパニーとは一体何なのでしょうか。

ミーツカンパニーデメリット

ミーツカンパニーの評判は?やばい?【Fラン就活生が内定を貰った体験談】

2020年3月12日

詳しく見ていきましょう。

ミーツカンパニーって何?

ミーツカンパニーというのは、簡単に説明してしまうと、

「新卒紹介イベント」です。

様々な企業が集まり、その企業について詳しい情報を得ることができるため、より自分が入りたい会社を探りやすくなるのです。

ミーツカンパニーに参加するメリットは?

では、そんなミーツカンパニーに参加するメリットとは一体何なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

イベント開催時期がたくさんある

ミーツカンパニーは、沖縄から北海道まで、全国でイベントを開催しています。

中には、首都圏のみでしかイベントを行っていない場合もあるのですが、ミーツカンパニーであれば、地方に住んでいる人でも気軽に参加することができるのです。

内定獲得までの最短は1週間

ミーツカンパニーは、かなり高い内定率を誇っています。

ちなみに、内定獲得までの最短期間はなんと1週間ほどです。

こう聞くと、

「怪しいな」

と感じる人もいると思いますが、ミーツカンパニーに参加することで、

・自分の本命企業が見つけやすく、集中して企業研究ができる
・説明会→選考→内定のフローで完結

というメリットを得ることができます。

基本的に、一般的な選考の場合は、

エントリー→説明会→ES→GD→選考→内定

というフローとなるため、いかにミーツカンパニーの効率が良いかがお分かり頂けると思います。

 

少しでも気になるのであれば、コチラの記事でミーツカンパニーについて詳しく解説していますので、是非一度覗いてみることをおすすめします。

ミーツカンパニーって何が良いの?内定を9つ貰えた秘訣を徹底解説

まとめ

OB訪問時の服装は、時と場合によって臨機応変に考えることが大事になってきます。

少しでも迷ったら、リクルートスーツを着ていくか、ネットなどの口コミで調べてみることもおすすめです。

また、就活に悩みを抱えていたり、スムーズに進んでいないのなら、ミーツカンパニーに参加してみることもおすすめです。

是非OB訪問時の服装に気を付けて、少しでも早く内定を貰えるように頑張ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

現在は本業で仕事をしながら、週末に就活支援団体で活動しています。 Fランのくせに活動量が人より多かった。 ↑これがぼくの売りです。。 人より就活に奔走したからこそ書ける体験談を交えながら、Rナビ・Mナビには無い情報をお伝えしていきます。 大学:Fラン大学・性格:内気(コアラ似) エントリー数:(プレ160社・本32社) OB訪問数:15回・インターン7社参加・内定企業数:9社 内定企業:サッポロビール(ルート営業)・TOTO(ルート営業)・三井住友銀行(法人営業)・野村証券(リテール営業)・大和証券(リテール営業)・積水ハウス(戸建営業)その他練習企業3社